本当に正しいMT4業者の選び方を勉強するブログ

本当に正しいMT4業者の選び方を勉強するブログ

MT4取引のことを勉強してみれば得できることになるでしょう

本当に正しいMT4業者の選び方を勉強するブログ

 

MT4はリアルに設置されている市場ではなくて、インターバング市場でネットを介してされていく仮想的市場取引であり、参加者が銀行や、実需の輸出入事業者などがすべて一つの市場で売買取引をしていくことが大きな特徴です。ですが、市場は一つではありますが、個人投資家は直接インターバンクにアクセスし為替売買をしていくことができなくて、店頭MT4業者に口座開設をし、相対取引契約をしてみるか、取引所MT4の業者に口座開設をしていくかのいずれかの方法によって業者に証拠金を預託して、それにレバレッジをかけ為替取引をしていくことが基本になります。

 

そしてMT4はCFDや差金決済取引等のうちの1つであり、その取引法はコモディティなどと一緒ですが、為替市場は実需の莫大な取引ボリュームであるがゆえ圧倒的に大きい市場を形成していて、為替取引のみは独立したMT4市場として成長したわけです。そして店頭MT4業者との相対契約はそれぞれ異なった条件になって、業者が提示している取引価格と条件をもとに売買していくことになって、どの業者に口座開設をして取引をしていくのかが、この投資をしていくときまず初めの選択になってくるわけです。

 

そして国内でMT4取引が始まってすでに15年経過しており、国内MT4業者に開設された口座は累計500万円をこえていて、そのうち実際証拠金を入れ取引されている実数は80万口座ぐらいで参加者の出入りはとても変化しているわけです。

 

 

MT4の税金について解説

本当に正しいMT4業者の選び方を勉強するブログ

 

MT4の税金ですが、MT4での収入は雑所得として扱われて、前までは総合課税でしたが、今は申告分離課税です。それで雑所得として他の雑所得と合わせて20万円を超えるならば確定申告が必要になってきます。そして雑所得扱いですから必要経費が認められます。ただしMT4で使ったものだと税務署が認める物だけでして、プライベートで併用している物は経費として認めてもらえません。それで一応税務署で確認する必要が有ります。

 

そして他の雑所得として合わせられるので、先物取引やオプション取引の所得とも合わせることが出来ます。それでMT4で儲けていても先物取引やオプション取引で損をしていた場合、損益通算で税金を減らすことが出来ます。逆もまた同じです。

 

MT4は損失の3年間の繰り越し控除が可能です。それでMT4で損をした時、確定申告したら、その損失額を最長3年間繰り越して控除できます。当然3年間で控除しきれなかったら、残額はもう控除に使えません。3年の間にまた損失を出した場合は、その額だけまた3年間繰り越し控除になります。そして前の損失を先に使い切れないと、後からの損失を控除に利用することは出来ません。

 

売買益もスワップ益も同じ扱いでして、スワップは金利収入だから源泉分離課税ということにはなりません。だから確定申告をする時は売買損益だけでは無くスワップの利益も合わせて申告をする必要が有ります。取引が多いと計算が面倒になりますから、MT4の業者に期間損益報告書を送ってもらい、それを見て確定申告をするようにしましょう。

 

 

東京時間はボラが低い。豪ドル円は92円の戻り売りを考える

本当に正しいMT4業者の選び方を勉強するブログ

 

現在13時30分です。全体的にボラが低い相場ですが徐々に変化してきています。まず変わってのが91.90から92.10までの狭い値幅で動いていた豪ドル円が、少しだけ安値を更新して91.87になったことです。このことで、少しだけ方向性が見えてきました。

 

上に行けずに下に行ったことで、これから先の欧州時間で安値を更新していく方向に動く可能性が高いかもしれないと思いました。豪ドル円の日足を確認すると、92円を越えて大きく値が進んだのは7月15日だけです。その日は、東京時間午前に92.42まで高値更新が進みましたが、ニューヨーク時間には押し戻されて91円前半まで逆戻りしています。そしてその翌日、東京時間では91円前半をうろうろしていましたが、欧州時間に入ったショートカバーにより反発。それからは買戻しが盛んになってニューヨーク時間には91.20まで行っています。

 

その後は上値が重くなり、本日の東京時間では91円後半に押し戻されています。このことから、92円は上値が重いイメージがあります。狙う戦略としては92円前半での戻り売りがいいと感じました。92.20辺りで売りを持って、損切りは92.50かな。後半まではいかないだろうと思って持つので、ここを越えたら損切りです。米ドル円は前日に124円を越えてから、本日の東京時間では1回も124円を割っていません。底堅い感じです。

 

124.04から124.23までの値幅を動いています。米ドル円の場合、124.36辺りで2回程価格が止まっています。今の状態を見ると上に行きそうな感じはしますが、日足を見ると、124.36辺りの抵抗線に押し戻されそうな感じです。現在の米ドル円は、124.05。抵抗線からだいぶ離れていますが、この位置からのロングは躊躇ってしまいます。ユーロ円に付いては地合いが良くないのでトレードの候補には入っていません。ニュージーランドドル円は、立派な下降トレンド。一番わかりやすい日足です。

 

 

米ドル円で取引していても他国の通貨の動きに気を配る

本当に正しいMT4業者の選び方を勉強するブログ

 

日本の個人投資家は米ドル円の取引をしている人が多いと思います。しかし米ドル円だからといってアメリカと日本の動きばかりに気をとられていると大きな損失を被るリスクが出てきます。世界はつながっていて貿易等で経済上の取引も盛んなため、通貨は様々な国の動きによって左右されてしまうのです。米ドル円が主に影響を受ける通貨はユーロ、ポンド、豪ドルです。例えばユーロの信用が無くなると投資家は米ドルや円を買う動きになっていきます。ユーロが多量に売られる事でドル高、円高になり、株価が下がるとさらにそのスピードは増していくのです。

 

先日私はギリシャの問題でユーロが急落した際に、ドルを買う取引をして儲けを出しました。逆に円を売る取引では損失が出たのです。円は安全通貨として世界的に認識されているため何か問題が世界であると買われていくのです。ポンドや豪ドルについては値動きが非常に激しいため少し目を離した間に1円、2円も円高に傾く事が何度もあります。その流れで米ドル円も引っ張られて円高方向になっていくのです。米ドル円は普段は値動きが安定していますが、何か世界経済に問題があると動きが一変してしまう可能性があるので多くの国の情報を集めておく必要があるのです。

 

米ドルは世界中の通貨の中でも王様と言われる立場です。アメリカは経済、紛争などを通して多くの国と関わりが強いために世界中の投資家はアメリカへの影響を考えてしまいます。アメリカとつながりの深い国は必然的にアメリカの動きに影響を受けてしまうのです。このように米ドル円は各国の通貨の動きに大きく左右される通貨なのです。取引しているFX会社ではアメリカ以外にも多くの国の情報が入ってくると思います。その情報がどのように米ドル円に影響してくるのか、常に勉強をして理解していく必要があるのです。

 

私は米ドル円しか取引していませんが、常にユーロ等の値動きには気を配っています。過去にユーロの金融緩和等で手痛い経験があるからです。これからも世界情勢には十分に注意をしていきたいと思います。

証拠金を利用してFXの取引を進めることが大切になる

 

FXでは、証拠金というお金を利用して取引を進めていくことが大切です。元々、外国為替証拠金取引という名称の取引を言いますのでこの名前のとおり業者に対して証拠金というお金を預けて取引をすることが主体となっています。では、証拠金を業者に預けることによってどんなメリットがあるのでしょうか。証拠金を業者に対して預けると、持っている資金よりも遥かに大きなお金を利用して取引に参加できるようになります。

 

このシステムのことをレバレッジといい、日本国内でレバレッジを利用するときにはおよそ25倍の資金にすることができるのです。100万円のお金を持っていれば、2500万円分の取引が可能になります。証拠金を使って取引をするときには、口座の中に業者が指定した分だけのお金をきちんと入れておかなくてはいけません。証拠金は直接業者に対して預けるわけではなく、口座の中に入れておくことによって預けておく形をとることができるためこのような方法で取引を進めていくことになります。

 

当然、口座の中に入っている証拠金は取引にそのまま流用することができます。大切なのは、証拠金として使われているお金はあくまでもレバレッジを使うための担保として用意しなくてはいけないということを知っておくことです。担保としてお金を準備するのですから、業者が指定しているだけのお金が口座の中から無くなってしまうとその時点で取引から強制的に退場させられてしまいます。

 

確かに、レバレッジを利用するとそれだけ大きな利益を得ることができるのですが、それと同時に常に証拠金を保持しておかなくてはいけないということを知っておかなくてはいけません。一般的に、このようなシステムからレバレッジは長期的な取引と言うよりも短期的な取引に向いていると言えます。FXでデイトレードを行う人は多いですが、レバレッジはデイトレードと有効活用することができる便利なシステムなのです。これを使えば、短期間で大きな利益を獲得することも夢ではありません。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:26:07

FXを副業とするときにサラリーマンは気をつけなければならない

 

人は生涯に二億円近く、または人によりそれ以上収入を得ていることになりますが、これは年収として400万前後をもらっていて、なおかつ定年退職するまで勤続している人の結果です。しかし、最近では年収を400万前後をもらえるという人も少ないですし、格差が広がっていますし、さらにいうとリストラなどあり定年退職まで満足に働ける環境すらないという現状です。そんなときに少しでも生涯の収入を増やすために、FXで小金稼ぎをもくろむという人も増えているようです。FXトレーダーとして副業をしつつ、会社での収入を得ようという魂胆ですが、実はそれは少し注意が必要なんです。それはなぜかというと、会社によっては副業自体禁止だというところも多いからです。

 

ちゃんとした会社であればあるほど、正社員の副業がNGというところが多くあります。正社員がその多くですが、非正規には規程がまた異なることがあるようです。FXを始めると宝くじやスポーツくじなどと同じ感覚で副業だという意識がないという人もいますが、宝くじなどとは異なりFXでの収入は雑所得にあたります。ちなみに宝くじなどは所得税といった税金をかけないと法律で決められていますので、万が一当選して億万長者になっても問題はありません。ただ、FXは億万長者の夢は遠くても副業として年間数十万円を稼げたらいいなという人がほとんどでしょうか。

 

なので、つい会社にFXの副業をしていることを黙っているという人もいますが、実はそれってちょっと危険なことなのです。もし副業が会社にばれたらということですが、FXは自宅でするものだしばれるわけないと高をくくる人もいるでしょうが、会社にわかってしまうこともあります。年間20万円を超える雑所得は確定申告があるので、それにより翌年の税金がかわり会社にわかられてしまうということもあるのです。知らない間にFXでの収入があると知られる前に、会社には副業を認めてもらうかあるいは、どうしてもなら年間20万円を超えないようにFXをするのかというどちらかになるのでしょう。 

続きを読む≫ 2015/12/07 16:25:07

相場観察は熱さとの戦い。ギリシャ問題のこと

 

7月13日。今日も暑いですね~。キンキンの冷や麦茶を飲んで、扇風機をつけて相場観察を行っています。時間は、もうすぐ夜の9時になります。つい15分前に体の温度が下がったのをいいことに扇風機のスイッチを切ったんですよ。そのかわり、窓を開けました。涼しい風が入ってきたので、しばらくは大丈夫だよね!って思いました。それも束の間で、もう熱くなって体から汗が噴き出しています。

 

夏のパワーはすごいですね。一晩かけてじっくり作り上げた麦茶、使った氷の量。それを考えると、すぐに汗が噴き出してきたことが悲しい。でもまぁ、麦茶って美味しいからいいよね。私にとっては最高の夏の飲み物だ。香ばしいところが贅沢♪また明日のために作っておこう。現在の相場の様子です。豪ドル円は、91.71。本日の高値は16時過ぎに更新した91.87です。一旦はそこから遠ざかったものの、円売りによって近づいてきています。ギリシャ問題のことで円買い中心の相場だったので、円売りってすごくいい響きです。

 

夏という事で、物に例えるなら風鈴みたい。円買いは、台風です。ギリシャ問題の相場は台風そのものでした。売りの相場だとわかって売りを持っていても、きつい戻りでポジションがすぐに吹き飛ばされます。流れに逆らってないはずなのに味方してくれません。迫力のある相場は難しいです。だけど、ギリシャ問題は今日解決しました。EUがギリシャに合意し、支援をすると宣言したことで前向きに進んだと解釈しています。

 

IMF副専務理事からの発言が入ってきていて、ギリシャのユーロ残留は非常にポジティブ。ギリシャはIMFに借りた借金を返せなかったのです。それでも、受け入れてもらえてギリシャという国は本当に支えられているなぁと感じます。いろんな国の恩恵を受けてる。クロス円は、6月29日から荒れたけど、もうおさまっています。これからはもう荒れずに静かにしていてください。上に行ってください。そして、やりやすい相場を提供してくれると嬉しいです。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:25:07

FXトレーダーとしてもっと働きやすくなる時代の到来は近い

 

FXをしているときにふと誰でも疑問に思うことがあるでしょうが、FXだけで食べている人は本当にいるのでしょうか。これまで日本には投資家という人たちは少数派でしたが、雇用形態が年々変わっていることで、何も正社員などの労働者にこだわらずともいいという考え方をする人が増えてきたのではないでしょうか。

 

なぜかというと、正社員だからといって給料が高給取りでないかぎり魅力は薄れていますし、正社員の魅力のはずのボーナスも最近では期待ができません。そんななかであえて自分の働き方をこれまでの日本の常識に当てはめていなくてもいいという新鮮な考え方をする人が増えてきています。アメリカ社会のようなフリーなど、自分のライフスタイルを崩さない働き方に魅力を感じている人が増えてきているようです。そこで、投資家という仕事が選択肢に上がってきたという人たちもいて、投資家というとアメリカ社会では尊敬される仕事として一目置くという人もいて、日本よりずいぶん進んでいます。FXトレーダーも実は投資家なのです。

 

株でなくても、FXトレーダーも為替を投資していますし立派に投資家という仕事なのです。けれどこのFXトレーダーをはじめとする投資家という仕事ですが、いかんせん日本ではまだまだ認知度が低いのがネックで、職業欄に投資家やFXトレーダーと書くとまともな人と受け取られることは珍しいステレオタイプな社会です。けれど、それからがFXトレーダーとしてもっとはならきやすくなる時代の到来というるかもしれせん。

 

最近、ノマドやフリーランスという職業形態が選択肢に上がってきたという人たちが多くなり、会社に生涯勤めること意外にも多くの仕事があるということが知られています。FXトレーダーは、今はまだ日本では理解が進められていない仕事なのですが、いずれアメリカ社会と同じようにランクが高い仕事として認められる日はそう遠くなさそうです。FXトレーダーになることを決意しても、誰かにその仕事を理解されなくても自身を失わずにやりたいことを好きなようにやれば自ずと評価も結果もついてくるでしょう。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:25:07

FXトレーダーは自分で資金を管理できるようにならないといけない

 

FXトレーダーにとって、お金を管理する能力はなくてはならないもので、瞬時に自分の資産を把握することがFXトレーダーとしての管理能力といえるかもしれません。しかし、FXで今どのくらい投資していて、どのくらいの損益または利益が出ていて、どのレートが利益損益の分かれ目になるかまでをも把握している人は一握りです。特にたくさんの建玉をもっている人は、自分でも今どの通貨にどのくらいあけているかをきちんと理解しているのでしょうか。

 

もちろんFX口座にログインして確認をすればわかりますが、そうではなく空でえがいたときに覚えているかどうかは、突然の為替レートの変動があったときに自分の保有ポジションをちゃんと知っているかで対応の仕方を変わってくるでしょう。マージンコールにならないように、先に追加証拠金を入れておくかそれとも建玉を決算してレバレッジを低倍率に戻しておくかなど、正しい判断をてきるのでしょうか。

 

では、自分のポジションを把握するためには何をどうしたらいいのでしょうか。それは、FX口座に記録が残されるからやっていない人もいますが、それ以外のところに自分が保有している建玉をメモしておくことが大切です。エクセルで管理するととてもいいのですが、その建玉の損益分岐点はいくらなのか、またすべての保有ポジションを合わせた平均レート、またその損益分岐点はいくらなのか、などを書いてあるといいです。

 

けれどいちいち計算機をはじくのは大変ですから、エクセルの関数をつくっておいてそこに数字を入れるだけて出るようにしておくと便利です。わざわざメモしておくことが大変だと思う人は、常に保有ポジションを五つ以内など自分が頭で記憶できるくらいにとどめておいたほうが得策です。忘れられて決済タイミングを逃すなんていうことがないように、なるべく新規注文をだしたのなりば自分で管理することができるようになればいいのではないでしょうか。FXトレーダーには投資信託のように誰かが管理してくれるわけではありませんから、自分できちんと管理できるようにならないといけません。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:24:07

東京時間は見たのに、欧州時間の相場だけ見れていない

 

7月15日。相場観察は午前中で切り上げて、午後から用事のために外出しました。行くときは天気が良くて暑いくらいだったのですが、帰りは台風が近づいてきていることで大雨が降ってきました。いつも万が一に備えて傘は持っていくようにしているので、助かりました。帰る時、車の中から外を見渡すと、傘を持ってなくて濡れて帰る学生の姿が目に入り、何とも気の毒でした。

 

夕方、家につくと疲れてしばらくベッドに横たわって、大事にしている相場チェックを怠ってしまいました。そして、いつもおやつを食べている15時の時間に何も食べなかったので、夕食後にいちご味のアイスクリームを口にしてしまいました。飲み物はコーヒー。やっぱり自分を労わる時間はやめられない。冷たいアイスと熱々のコーヒーの組み合わせはとても刺激的で、喫茶店に入っていないのに入ったようなリッチな気分になりました。

 

そのおかげでやる気スイッチが入って、早速夜の相場観察スタートです。今日はすっかり欧州時間が抜けちゃったよ。全く状態を把握できていません。豪ドル円は、本日の東京時間に発表された好調な中国指標を受けて92.42まで高値を更新しました。その後は、勢いが鈍り、92円手前から92.40までのレンジになっています。その状態が現在の夜8時30分までずっと続いています。

 

これは、92円を割って91円に戻ってしまうのかと考えてしまいますが、1時間足の形を見ると、しっかりと押し目を作ってエネルギーを溜めている状態に見えます。サポートがちゃんと効いている波形になっているので、目先は強そうです。現在の豪ドル円は、92.14。今買っておけば、ニューヨーク時間になるとまた高値を目指しそうな印象です。結構いいチャートなので、デモトレードで買ってみました。92.15で1枚買いです。ストップは92円割れに設定しました。これで、上手く行くといいな♪もし上手く行ったら次回から似たようなチャートが出現したときに本番でやるだけです。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:24:07

FXトレーダーが迎える初めての確定申告に苦手意識をなくす方法

 

FXトレーダーの一年生にとって迎える初めての年度末には確定申告があり、これまで確定申告の必要がなかった人たちは大いに戸惑うのではないでしょうか。意外に面倒くさいと答える人が増えているこの確定申告を、どうしたらスムーズにできるのでしょうか。確定申告とは昨年度の収入を国に申告して、その収入により税金負担額を決められるというものです。確定申告をするのはだいたい二月から三月にかけてで、何かと忙しい時期なのでてにかく面倒くさいと思うことがあるでしょう。

 

けれど、この確定申告をしないとペナルティーがありますし、ましてや申告額を不正に申告すれば追徴課税などがありいやいやながらもきちんとしなくてはいせないという切迫感があります。それでは、FXトレーダー一年生にとってこの確定申告を、楽々済ませるためにおすすめしたいものがあるのです。それはずばり確定申告のソフトの導入なのです。

 

今まで自営業でなかった人はそんなのあるんだというところから驚きですが、実は自営業の人もいくら金勘定を毎日していても確定申告には疎いものです。昔は経理の人を雇うところもありましたが、最近はそんなの雇うくらいなら自分たちでしたほうがお得だという考え方をする人が多くなったようで、しかしこれまで確定申告に無頓着だった人は何から初めてよいのやらとため息をつくものです。そこで登場したのが確定申告ソフトですし、パソコンにインストールすれば個人自営業であっても使えて、会社を経営していなくても平気です。

 

FXトレーダーにとってもこの確定申告ソフトは役に立つと思います。必要なところに数字を入力するだけで確定申告をそのままできる紙が印刷までてきて、あとはこれを郵送するなどでいいのです。確定申告ソフトは一万円くらいですし導入すればそのままつかい続けることができるものも多いから、自分で計算したり経理の人を雇うより労力もいりませんし経済的です。FXトレーダー一年生が初めて迎える関門である確定申告をスムーズに通り抜けられるとストレスなくいいでしょう。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:23:07

FXトレーダーをカバーしてくれるIFD注文などの予約注文

 

長い間パソコンの前から動かない生活をしているわけにもいきませんから、FXトレーダーたちもたまにはパソコン前から離れることもあるでしょうが、しかし、そんなときにかぎって為替レートが変動していって大きなチャンスを逃したやマイナス収支になってしまったなど悲喜こもごものエピソードが誰でもひとつやふたつはあるものなのかもしれません。けれど、FXトレーダーといえども人ですからずっとパソコン前に張り付いているのもなかなか難しいもので、ご飯を食べたりトイレに行ったり、外出をしたりといろいろと日々のことをこなさないといけません。

 

それに専業主婦などは家族が家にいないあいだに、家事や洗濯など、また子育てなどを行うこともあり、専業主婦といえどもFXトレーダーとして専業になれないつらさがあります。けれど、為替レートはそんなことはお構いなしで毎日上がり下がりをくりかえしていますし、万が一自分が目を離した隙に為替レートが何かのチャンスやリスクを見つけているということもあるかもしれません。

 

では、そういうときはどうすればよいのか、パソコン前に張り付いていなくてもFXトレーダーはFXをすることができるのでしょうか。それは予約システムを活用するしかないのではないでしょうか。FXトレーダーのなかにはこういうIFD注文などの予約しての注文を。リアルタイム注文にくらべてあまり用いないという人もいます。その理由は、やはり目で見てきた為替レートと数字は違うものだからということなのでしょうか。

 

けれどそんなことをいっても、FXトレーダーとしてのパソコン前にいられない現実には、これらの予約して注文をするしかほかならないのではないでしょうか。時に、損切りを勝手にして予約しての注文に首をかしげることもあるかもしれませんが、それでもこの予約しての注文には、ずいぶん助けられることになるかもしれません。FXトレーダーは二十四時間動けませんし起きてもいられないので、そういうのときをカバーしてくれるIFD注文などの予約して注文を活用することがとても大事なことだと思われます。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:22:07

サラリーマンとFXライフについて考えてみました。

 

こんにちは、私は現在、FXに夢中の30代男性です。今日はサラリーマンとFXライフについて書いてみたいと思います。サラリーマンは急がしくってFXなんてやっている暇はないと言われそうですが、私は断然サラリーマンのほうがFXをするべきだと思います。その理由は3つあります。

 

まず1つは収入が安定しています。毎月決まった金額が銀行に振り込まれるので生活には困りません。生活費を投資に回す必要がないので余裕があります。

 

2つ目は仕事のストレスの解消になります。私はたまにパチンコ屋に行きますが、そこにはいつも仕事帰りのサラリーマンがいます。彼らは夜にやって来るので、いつも負けてストレスを解消するどころか溜めて帰ります。それを防止するためには、パチンコに行かないないようにするのが良いです。パチンコ屋に行かないようにするにはどうしたら良いかというというと、家でギャンブルと同じぐらい儲ける仕組みを作ることです。つまりFXをやってストレス解消をしてしまえば良いのです。少額で上手くやればパチンコよりは負けないと思います。

 

3つ目はFXは将来の貯蓄を増やす投資になります。パチンコや競馬はいくらやってもなかなか将来儲ける技術は身に付きません。しかし、FXなら勉強してやれば将来富を築けるかもしれません。ここまで3つの方法をやって、将来FXで巨額の富を築くための方法を書いて置こうと思います。

 

まず初めに外貨の値段が下がるチャンスを待ちます。このチャンスは中途半端な値下がりを待つのではなくて、リーマンショックのようなどん底を待ちます。そうしたらレバレッジ1倍でオーストラリアドルを買います。オーストラリアドルを買ったら売らずにずっと持ちます。そうしてずっとスワップポイントを貰い続けます。スワップポイントを貰い続けている間も給料が出たらオーストラリアドルを買い続けます。そうすると景気が良くなった時に資産は倍増することになります。

続きを読む≫ 2015/11/20 09:26:20

FXの怖い部分を知っておくことが大事になる

 

レバレッジ規制が金融庁から発表される以前国内業者での取引で100倍から600倍ものレバレッジをかけトレードをして行くことができて、証拠金倍率の高い業者が人気になったことで業者間で倍率競争の様相を呈して、リスク管理を重要視していくはずの投資が目的ではなく投機的な目的でFXに参加していく方が増えています。

 

そして、わずかな為替相場の変動によって多くの利益を得た方もいたようですが、預けたお金があっという間にゼロになってしまうような方も沢山いたわけです。そして投資は余裕資金でやってみるということが鉄則であり、借金で証拠金を工面してまでトレードをするといった方もいました。そしてハイレバレッジでのFXが原因で自己破産に追い込まれてしまう方の数が増加してきて問題視した証券取引等監視委員会が2009年に金融庁に制度改正を要請したわけですが、これで金融庁は倍率の上限20~30倍前後に調整をするといった発表をしたわけです。

 

そして個人投資家からも反対意見が結構有ったり、FX業者も反対していました。そしてFX業者はレバレッジ規制されれば参加者が一気に減ってきて、死活問題だったでしょう。そして反対意見は全体で9割を占めているほどで、その後9割の反対意見を押しのけて段階的なレバレッジ規制が決定して第一段階で2010年8月からレバレッジ上限が50倍となって、最終的に2011年8月から25倍になったわけです。そしてその後当時120以上あった国内FX業者は次々廃業に追い込まれたのです。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:19:22

ホーム RSS購読 サイトマップ